夏にできた背中のニキビはシミになりやすい!来年も綺麗な背中をキープするための方法

夏にできた背中のニキビはシミになりやすい!来年も綺麗な背中をキープするための方法

 

背中ニキビの原因はやっかいなカビ

 

背中のニキビは顔のニキビと違ってカビが原因で、異なる対処法では治りにくいとされています。

 

しかし、ほとんどの女性が背中のニキビの原因がカビとは知らないのです。

 

よって、対処法が分からず困っているのが現状です。

 

 

背中ニキビの具体的な原因と対処法

 

顔にできるニキビの原因がアクネ菌に対して、背中ニキビの原因はマラセチア菌です。

 

マラセチア菌は体に多く存在する脂を好む菌です。

 

毛根の中にある毛包内で炎症を引き起こすことによって、背中ニキビができてしまうんです。

 

脂が発生しやすい夏場はきちんとケアをしないと毛穴がつまってしまい、結果的に背中ニキビが増殖するんです。

 

そこで、背中ニキビの対処におすすめなのが、殺菌・抗菌作用を発揮する成分が配合されているニキビケア用品です。

 

また、「サリチル酸」や「グリチルリチン酸2K」を配合されているニキビケア用品もおすすめですよ。

 

マラセチア菌が好む、オイル成分が配合されていないものを購入するのもいいでしょう。

 

夏にできる背中ニキビはシミになりやすいので、適切な対処を早めにしましょうね。

 

 

背中のニキビは跡が残りやすい理由

 

背中は常に服で隠れているので、他の部位に比べて通気性が悪いんです。

 

また、皮脂や汗が多く分泌されるので雑菌が繁殖しやすくなります。

 

通気性が悪い上に汗や皮脂が多く分泌されるので、雑菌や汚れなどと分泌された汗と皮脂がくっついて、毛穴がつまって炎症を起こします。

 

それがニキビへと変化してしまうんですね。

 

また、睡眠不足やストレスなどの内的要因でホルモンバランスが乱れることも原因ですよ。

 

皮脂の分泌が増えニキビの原因になることがあるんです。

 

その他にも肩こりや姿勢の悪さによる血行不良、さらにはシャンプーなどのすすぎ残し、そしてベッドやソファのダニ、汚れが原因でニキビを引き起こすことがあります。

 

背中のニキビ跡

 

背中のニキビ跡は、3つの種類に分類されます。

 

赤いニキビ跡は完全にニキビが完治してなくて、炎症が残っている状態のニキビ跡です。

 

この炎症を刺激するとニキビが再発することもあるので注意が必要です。

 

茶色いニキビ跡は、赤いニキビ跡を放置した結果となることが多いです。

 

肌を守るために生成されたメラニンが色素沈着を起こしている状態ですよ。

 

茶色くなったニキビ跡は肌の再生を行わない限り長期に渡って消えません。

 

そのため、ターンオーバーを促す必要があるんです。

 

上記のタイプと全く異なるのが凹凸ニキビ跡(クレーター)です。

 

これは、炎症が酷かったり、芯が深くなかなか完治しなかったりします。

 

さらに、強引に潰したりすることが原因でできたものです。

 

皮膚組織が破壊されて正常な状態に肌が戻らずに凹凸ができてしまった状態です。

 

完全に元の肌へ戻すためには専門機関でのケアが必要になるのです。

 

 

背中にニキビを解消できるのはジュエルレインしかない!

 

赤い部分と黒味を帯びた部分、そして肌が陥没があるなどまちまちですが、それらは言うなればニキビ跡です。

 

おしろい等でカバーするとしても無理もあるでしょう。

 

肌荒れが悪化する場合もあります。

 

背中ニキビとは、言い換えれば表皮を怪我した状態なのです。

 

保湿、質の良い睡眠や栄養に配慮していれ背中ニキビを解消できます。

 

背中にできたニキビは下着などに直接触れる為、痛みあるいは痒みなどを感じやすく、そのうえ回復するのもスローなのが厄介な部分です。

 

結婚式などのパーティでは、背中の見えた服を身に着けることが多いため、きちんとニキビを治しましょう。

 

そのためにも保湿効果満点のジュエルレインは大きな効果を発揮してくれます。

 

背中にできたニキビは長引く場合が少なくありません。

 

継続は力なりで、すぐに結果を求めずにジュレルレインを使ってしっかりと治してくださいね。

 

 

つるつるのモテ背中にジュエルレイン!